トップページ > 加齢臭が発生する部分

加齢臭が発生する部分

加齢臭が発生する部分

加齢臭は全体から漂ってくるものだと思われがちですが、実は発生しやすい部位があります。総合的には、皮脂腺が集まっている場所かれ加齢臭が発生しやすいといわれています。皮脂腺が集まる場所というと、耳の後ろや顔のTゾーン、首の後ろなどです。よく、「お父さんの枕は、加齢臭がする。」という台詞を聞きますが、耳の後ろや首の後ろから加齢臭が多く発生するのなら納得の話です。

 

体臭というのは、体温が高くなると目立って発生してきます。耳の後ろには皮脂腺が多く、体温が高めの部位なために加齢臭が発生しやすくなっています。

 

女性が香水をつける場所として耳の後ろがありますが、これも香りを立たせやすいというところからきています。最近では脂性肌を気にして男性用化粧品を使用する人も多いように、額や鼻の部分である顔のTゾーンは皮脂が出やすくなっています。

 

この部位から加齢臭が発生しやすいというのは何だか不思議な話ですが、皮脂をためたままにしておくと嫌な臭いになってしまいますから、化粧品を使ってまでケアせずとも脂分をティッシュで拭き取るくらいのことはしたほうがよいでしょう。

 

首の後ろや頭皮も皮脂が出やすい部位であるため、加齢臭を発生しやすいと考えられます。「お父さんの枕が臭い」というのもここからきているもので、枕カバーをこまめに洗うだけでは臭いの元は消えてくれません。

 

皮脂の中では、加齢臭の元となるノネナールが作られています。ですから、皮脂がたまらないように皮脂が出やすい場所はよく洗って清潔を心がけましょう。